About Open Science Award

The Open Science Award is an accolade to for outstanding achievement in open products of computational biology and life science in Japan, presented by DBCLS: Database Center for Life Science since 2013. Anyone who is interested in open science and life science can submit products to be nominated and vote for worthies praised. The award consists of three categories: Database, Code, and Web resource. Off-line Award event will be held to celebrate developers of the products for their contributions by the community.

Open Science Awardは,生命科学分野におけるオープンな成果物をコミュニティの投票によって表彰するオンライン・イベントです。データベース,ソフトウェア,ウェブサイトの3つのカテゴリについて,生命科学に興味のある方であれば誰でもノミネート・投票に参加することができます。得票の多いプロダクトは,研究会やその他イベントでセッションを設け,コミュニティに代わり開発者を表彰させていただきます。


Award 2015

We are pleased to announce that the third open science award will take place in BioHackathon BH15.15 at Kanazawa, Ishikawa. Now we are calling for voting on the website here. Deadline is 6 March.

第三回となる「コミュニティで選ぶ,この活動がすごい」OpenScienceAward 2015 は,現在みなさんの投票を受け付けています。投票はこちらから。投票期限は 3/6 までとなっています。

得票上位のプロダクトは,2016 3/17に北陸先端科学技術大学院大学にて開催されるBioHackathon BH15.15において表彰します。みなさんの投票をお待ちしています!


Past events

Award 2014

The second award took place in The 3rd Joint Conference on Informatics in Biology, Medicine and Pharmacology at Sendai, Miyagi. 77 participants joined the event and voted for nomintes including 27 databases, 40 softwares, 25 web pages.

第二回となる2014年は,医薬情報学連合大会 DBCLSセッションにお招きし,表彰させて頂きました。77人の参加者の方が,27のデータベース,40のソフトウェア,25のウェブページに対して投票してくださいました。参加してくださった皆さま,ありがとうございました!

Award 2013

The first open science award took place in Japanese Society for Bioinformatics at Funabori, Tokyo. The total number of nominees is 18 for databases, 29 for codes/softwares, and 21 for web resources, respectively. 168 folks are participated to vote for products.

2013年のOpen Science Awardは日本バイオインフォマティクス学会におけるセッションで表彰を行いました。18のデータベース,29のソフトウェア,21のウェブサイトに対して168人の方が投票してくださいました。参加していただいたみなさま,ありがとうございます!